国土地理院 > 地球の形をはかる > GEONET
GPS
 国土地理院では、GNSS(Global Navigation Satellite System / 全球測位衛星システム)を利用した、さまざまな事業やサービスを行っています。
GPSイメージ図
GEONET(GNSS連続観測システム)とは
GEONETで行っていること

関連項目
GNSSとは
 ・GNSSを使用した測量のいろいろ
電子基準点とは
 ・電子基準点リアルタイムデータの利用
国際GNSS事業(IGS)への参加

国土地理院GNSSデータ提供関連リンク
 (国土地理院では下記のデータ提供サービスを行っています。)
電子基準点データ提供サービス
電子基準点がとらえた「日本列島の地殻変動」
 GNSSデータから、変動ベクトル図やグラフを表示します。
基準点成果等閲覧サービス
 電子基準点の成果や点の記が閲覧できます。

国土地理院、海上保安庁が所有するGPS連続観測点やデータの所在などの情報が閲覧できます。
GNSSデータクリアリングハウス

GNSS連続観測システムによって得られた情報は、いろいろな場面で利用されています。(下記リンクは、別ウインドウで表示されます。)
地震予知連絡会
 地震予知に関する情報の交換とそれらに基づく学術的な検討を行っています。
地震調査研究推進本部
 地震による被害の軽減に資する地震調査研究に利用されています。
社団法人 日本測量協会
 電子基準点リアルタイムデータを民間に開放しています。
「電子基準点リアルタイムデータの位置情報サービス事業者」募集
「電子基準点RINEXデータ提供サービス」利用案内
「電子基準点を利用したリアルタイム測位推進協議会」
「電子基準点日々の座標値」提供サービス利用案内
電子基準点リアルタイムデータ位置情報サービス事業者(リンク)

国土地理院地球の形をはかる