GSI Logo

このサービスでは、国土地理院のGEONET(GNSS連続観測システム)で得られた電子基準点観測データや解析結果等をインターネットを利用してユーザの皆様に提供することを目的としています。

お知らせ

過去のお知らせ

タイトル: 日々の座標値[F3]の入れ替えについて(2016年分)
お知らせ日: 2016年07月28日
内容: 下記の理由により、以下に示す実施日の再解析を実施しました。

実施日:2016年3月4日~6月11日(doy64-163)
理 由:通信断により取得が遅れていた電子基準点の観測データを回収したため

これに伴い、日々の座標値及び対流圏遅延量推定値を入れ替えましたので、
上記期間のデータをご利用の皆様は、必要に応じて下記サイトよりダウンロードを
お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ftp://terras.gsi.go.jp/data/coordinates_F3/2016
ftp://terras.gsi.go.jp/data/trp_F3/2016/

利用者の皆様には大変お手数をお掛けしてしまい申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いします。

タイトル: 2016年6月23日~25日の日々の座標値[F3]の跳びについて
お知らせ日: 2016年07月13日
内容: 日々の座標値[F3]につきまして、6月23日~25日の間、全国的に東西成分に
1cm程度の値の跳びが発生しています。
これは、主に固定点として使用している電子基準点「つくば1(92110)」の
座標値の跳びによるものです。

 電子基準点「つくば1」の座標値は、日本周辺のIGS観測局を含めた解析によって
算出していますが、この解析に使用しているIGS観測局の一つであるYSSK(ユジノ
サハリンスク)における観測データの欠測の影響によって「つくば1」の座標値に
跳びが生じました。

電子基準点の変動量を2点間の相対的な位置関係(基線ベクトル)として確認する
場合には、この影響は現れません。

なお、現時点では再解析を行う予定はございません。


メニュー


本サイトの利用上の注意

「日々の座標値(R3)」(速報解)を地殻変動の研究等に利用される方へ(測量実務には特に関係ありません)(平成27年5月18日)
IEを利用されている方へ(平成26年10月22日)
日々の座標値を地殻変動の研究等に利用される方へ(測量実務には特に関係ありません)(平成26年10月1日)
電子基準点データ提供サービスをリニューアルしました(平成26年6月9日)
北海道・東北・関東・北陸・中部・近畿・沖縄地方の電子基準点の標高成果の改定について(平成26年4月1日)
全国の電子基準点で準天頂衛星及びグロナスの観測データを提供開始しました(平成25年5月10日)

本サイトについて

・本サービスは以下の環境で動作することを確認しております。
  OS: Windows Vista / 7 / 8.1
  ブラウザ: Internet explorer 10 / Firefox / Chrome / Safari
   ※ Internet explorer 9以前のブラウザは表示が崩れる場合があります。
・提供サービスを利用するためにはユーザ登録が必要になります。
・ダウンロードを行う前に、事前に必要なことを確認し、必要な準備を行ってください。
プライバシーポリシー

このサービスでは、データ提供のみを行っており、成果値については収録していません。 電子基準点の成果を含むすべての基準点成果は、基準点成果等閲覧サービスに収録されております。 成果を閲覧される場合は、基準点成果等閲覧サービスへお進みください。 また、閲覧の際に基準点コードを使用される場合は「提供サービス入り口」-「各種データ」-「基準点コード一覧」へお進みください。